目录
此内容是否有帮助?

# レポート管理

# I.レポートの意味

レポートを使用すると、頻繁に使用する分析モデルを保存でき、分析を行うたびに迅速に読み取ることができます。カンバンにレポートの内容を追加し、ユーザー間で共有するのにも便利です。レポート管理とは、自分が作成したレポートを全体的に管理することです。

# 二、レポートの作成とレポート管理の場所と適用役割

任意の分析モデルに「レポートを保存」ボタンがあります。レポートの保存に成功したら、任意の分析モデルの右上隅で、「レポートを保存」ボタンで、すべてのレポートを見つけることができます。

レポートには、分析モデルの完全な条件情報、期間、グラフスタイルが保存されます。

レポート管理は、かんばんの「かんばん内容する」またはモデルの「レポートを保存する」オプションから入力できます。

  • カンバン入口

  • モデルエントリー

会社ハイパーチューブ
管理者
アナリスト
一般メンバー
モデルの使用、レポートの保存、レポート管理




権限の説明:

● キャラクター必須

▲ キャラクターはデフォルトであり、なくてもよい

△ キャラクターはデフォルトではなく、あります

○ 役は必ずなし

# 三、レポートの使用シーン

# 3.1 レポートの作成(プロジェクトロールはアナリスト以上)

任意の分析モデルで「レポートを保存」をクリックすると、条件チェックが行われます。検証が成功した場合、レポートの保存が可能で、レポート名とプロファイル(オプション)を入力する必要があります。

# 3.2 レポートの検索

任意の分析モデルの右上隅に「レポート」ボタンがあり、クリックすると作成されたすべてのレポートを検索できます。デフォルトでは、現在のモデルの下にレポートが表示されます。

レポートを選択すると、レポートのクエリページに移動し、レポートをさらに編集できます。

# 3.3 レポートの削除

不要なレポートは削除アイコンで削除できます。

特に、レポートが削除されると、レポートは永久に消えます。レポートが追加されたカンバンがある場合、カンバンレポートは削除されます。

# 3.4 レポート名の編集またはレポートの更新

レポートを選択して開くと、保存されている完全な条件が表示されます。レポートを更新したら、「レポートを保存」または「レポートを更新」をクリックしてレポートの保存内容を更新し、レポートの名前を変更したり、レポートのプロフィールを編集したりできます。

# 3.5 レポート管理インタフェースの操作

レポート管理ページでは、現在のプロジェクトのユーザーのすべてのレポート情報

(1)具体的なレポートをクリックしてレポートに入ることができます

(2)指定された名前、タイプ、作成方法、アプリケーションカンバンの下のレポートを

(3)名前、備考を編集したり、指標レポートを削除

(4)レポートを一括削除できます

(5)モデルインタフェースにジャンプしてレポートを追加できます

# IV。ベストプラクティス

# 4.1 探索モジュールを使用したレポートの詳細な分析

レポートを作成した後、レポート内の指標、特にドリルダウン分析を分析する場合は、レポートページに入るほか、カンバンでレポートの探索モジュールに入ってドリルダウンするのが便利です。探索モジュールには、ドリルダウン時に使用する選別条件とグループ項目の設定が提供され、履歴クエリの再計算をサポートしたり、よく使われるドリルダウン条件をコレクションしたりして、重要なデータを何度も分析しやすい。探索モジュールの内容については、探索探索モジュールセクションに注目できる。