目录
此内容是否有帮助?

# その後の利用

TA プラットフォームへインポートを完了したら、TA の分析機能を自由に使用し、柔軟で効率的なイベント分析、リテンション分析、ファネル分析、およびユーザーグループを体験し、レポートかんばんを作成して共有することができます。その後の利用についての質問は、TA のスタッフにお問い合わせください。

この章では、主に使用中の注意事項とよくある質問を紹介します。

# 1、レポートかんばんの設定

データかんばんは価値のある、日常的に注目すべきのデータを提示するために使用されています。運営者にとって、良いかんばんは製品の運用状況を監視し、ユーザーの行動パターンを理解し、突発的な問題を迅速に発見するのに役立つので、インポート作業を完了した後、直にレポートとかんばんの編集に着手することをお勧めします。

# 1.1 レポートかんばんの編集方法(アナリスト以上の権限が必要)

まず、レポートとかんばんの意味を紹介します。

  • レポートは保存された分析結果で、分析モジュールで編集して保存します。
  • かんばんはレポートで構成され、最終的に表示できる結果です。管理者とアナリストは保存したレポートをかんばんに追加し、編集が完了したらかんばんを関連のスタッフに共有することができます。

次に、レポートとかんばんを編集する手順を紹介します。

1.まず分析モデルに入り、計算が完了したら分析結果をレポートとして保存します。

2.レポートの設定が完了したら、「データかんばん」タブに戻り、左上の新しいかんばんのボタンをクリックして新しいかんばんを作成します。

3.かんばんに入り、右上の「かんばん内容管理」ボタンをクリックして、保存したレポートをかんばんに追加します。レポートを右側のバーの位置にドラッグして、レポートのかんばんでの配置位置を調整します。編集を完了した後、右下の「完了」ボタンをクリックして保存します。

4.最後に、右上の「共有」ボタンをクリックして、かんばんを関連するユーザーに共有すると、かんばん編集が完了します。

# 1.2 レポートかんばんの注意事項

1.**かんばん**のレポートの**表示**方法(分析時間、分析**対象**、チャートタイプなど)は、**かんばん**作成者によって設定され、ユーザーは変更**することが**できません**。**

  • チャートタイプ、レポートサイズはかんばんで直接に変更します。
  • レポートのかんばん内の位置は編集画面で設定します。(右上の「編集」ボタンをクリック)
  • レポートの分析時間、分析対象、分析手順の設定は、選択したレポートに入ってレポートを更新する必要があります。まず「計算開始」をクリックし、計算が終わってからレポートを更新することにご注意ください。

2.レポートの時間には、相対時間と絶対時間の 2 つの**時間**があります

  • 相対時間は分析の時間とともに変更されます。
  • 絶対時間は一度設定すると変更されず、設定時の時間帯を保持します。

相対時間と絶対時間の設定バーは次の図で示しています。設定時にご注意ください

レポートの分析時間を変更するには、レポート作成者がレポートに入り、レポート名または分析モジュールの「保存済レポート」をクリックし、分析時間を調整した後、「レポートの更新」をクリックする必要があります。

3.共有されたかんばんについて、アナリストと管理者はレポートに入り、「名前を付けて保存」をクリックして自分で作成したレポートのコピーを入手することができます。その後、コピーを変更、編集、またはカスタムかんばんに追加することができます。

詳細なかんばんとレポート設定は、データかんばんレポート管理**の章****をご参照ください。**

# 1.3 レポートかんばん設定の提案

  1. かんばんを共有するときは、かんばんの受信者がかんばんのデータを見る権利があるかどうかに注意する必要があります。利用者の要件と権限を明確に理解した後にかんばんの共有を行うべきです。データ権限の問題を考慮する必要がある場合、全員が見えるかんばんを設定しないほうが良いです。
  2. 共有かんばんの設置者は多すぎてはなりません。混乱を避けるため、一般的に 1~2 人のアナリストが望ましいです。
  3. 推奨するかんばん設置案は、まずすべての基礎指標を含む基礎かんばんを設置し、すべての利用者に共有します。その後、異なる職場の利用者に基づいて、業務に関連するかんばんを共有し、最後に管理者に合理的なデータかんばんを提供します。

# 2、インポート案の更新

製品の更新に伴い、分析すべきのディメンションと指標も変化するため、インポート案も更新する必要があります。本節はユーザーがインポート方式をよりよく更新するため、インポート案を更新する手順と注意事項を紹介します。

# 2.1 イベント、イベントプロパティ、ユーザープロパティの追加

イベント、イベントプロパティ、ユーザープロパティを追加するのが非常に簡単で、データをアップロードするだけで、TA バックグラウンドで自動的に追加したイベントやプロパティを処理します。メタデータ管理で設定する必要がありません。

  • イベントの追加:「track」インターフェイスを呼び出して新しいイベントと関連プロパティをアップロードします。イベント名が既存のイベントと重複しないようにご注意ください。
  • イベントプロパティの追加:元のイベントのアップロード時に新しいプロパティを追加します。TA バックグラウンドは自動的にイベントと新しいプロパティを紐づけます。
  • ユーザープロパティの追加:対応するユーザープロパティインターフェイスを呼び出します。

新しいデータをアップロードした後、メタデータ管理で新しいデータを受け取ったかどうかを調べ、データを受け取ったことを確認した後、メタデータの設定を行えばよいです。

# 2.2 イベント、イベントプロパティ、ユーザープロパティの削除

イベント、イベントプロパティ、ユーザープロパティを削除するには、メタデータ管理で操作するだけで良いです。削除したいイベントとプロパティを非表示に設定するだけで、非表示イベントとプロパティは分析に表示されず、非表示イベントは「任意イベント」にカウントされません。引き続き非表示イベントやプロパティをアップロードすることができますが、分析には使用されません。プロパティを非表示にした後、プロパティをアップロードしなくてもよく、データの異常は発生しません。

注意が必要なのは

  1. イベントとプロパティは非表示になるが、設定が削除されず、非表示になったイベントとプロパティは削除されません。
  2. イベントはプロパティではなく、イベント名のみで識別されます。つまり、イベント名が同じである限り、同じイベントとみなされ、プロパティに関係ありません。例えば、プロパティが異なるがイベント名が同じの 2 つのデータが同じイベントとみなされ、そのイベントのプロパティは 2 つのデータのプロパティの集合になります。データのプロパティの値は NULL とみなされます。

データを削除する必要がある場合、TA スタッフにご連絡ください。

# 2.3 イベントプロパティとユーザープロパティの変更

TA の使用中に、イベントプロパティのタイプに設定エラーがあり、文字列型から数値型に変更したい場合があります。この場合、元のプロパティを非表示にして、新しいプロパティを設定することをお勧めします。プロパティ名は元のプロパティ名と同じ名前ではないことにご注意ください。

# 2.4 SDK と転送ツールの更新

SDK とデータ転送ツールを継続的に更新しています。データインポートにインポートツールの最新バージョンと更新時間を見つけることができます。章の最後に更新内容も記載されているので、更新するかどうかを判断してください。

# 2.5 TA バックグラウンド更新

TA プラットフォームは、継続的に頻繁なアップグレードを維持します。新機能、新特性、新システムを導入し、ユーザー使いやすさとバックグラウンドのパフォーマンスを最適化し、より質の高いデータサービスを提供します。

オンプレミスサービスをご利用のお客様は、アップグレード時に更新した内容を紹介し、アップグレードサービスを提供します。どんな時でもオンプレミスプラットフォームをアップグレードすることができます。

TA バックグラウンドのバージョン更新手順はこちらからご覧いただけます