目录
此内容是否有帮助?

# 探索モジュール

探索モジュールはカンバンレポートを詳細にドリルダウンする能力を提供し、探索モジュールを通じて、ユーザーはどのレポートにも個別に選別条件を追加したり、クエリグループを調整したりでき、重要なデータや一般的な指標を深く掘り下げるのに適している。

# 一、モジュールの入り口と適用役割を探索する

カンバンレポートをマウスオーバーした後、レポートの右上隅にある「探索」ボタンをクリックすると、そのレポートの探索モジュール

デフォルトでは、すべてのキャラクターが探索モジュールに入ることができます。

権限
会社ハイパーチューブ
管理者
アナリスト
一般メンバー
「探索モジュール」を使う




権限の説明:

● キャラクター必須

▲ キャラクターはデフォルトであり、なくてもよい

△ キャラクターはデフォルトではなく、あります

○ 役は必ずなし

# 二、機能紹介

# 2.1 インターフェースレイアウト

探索モジュールのインタフェースは図に示すように、主に以下のプレートを含んでいる

1.レポート情報領域:レポートの名前とレポートのメモを表示します。プロジェクトがタイムゾーン機能をオンにすると、タイムゾーンコントロールが表示されます。タイムゾーンはカンバンのタイムゾーンと一致します。カンバンがタイムゾーンをロックしていない場合は、タイムゾーンを切り替えることができます。

2.操作領域:探索モジュールの中で最も主要な領域で、ここで指標の追加選別とグループ化条件の調整を行い、指標の詳細な探索を完了することができます。また、探索モジュールのクエリ履歴と収集されたクエリ条件

3.グラフ領域:計算結果を示す領域は、カンバンレポートの操作と同様に、分析時間やグラフタイプの切り替えをサポートし、データの更新とデータのエクスポートの操作もサポートします。

4.戻るボタン:画面右上のボタンをクリックしてカンバンに戻る

# 2.2 クエリ機能

「クエリ」タブは指標をドリルダウン分析する場所で、指標に選別条件を追加し、グループ属性を修正することをサポートしています。

探索モジュールに入ったばかりで、指標選別はまずカンバンの選別条件を取得し、カンバン選別が設定されていなければ、デフォルトは選別条件がないグループ項目はレポート自体のグループ条件を取得する。

指標選別とグループ項目は二つの主要なドリル方式である

  • インジケーターフィルターは、レポートのインジケーターにフィルターを追加し、レポート作成時のフィルター条件が有効になります
  • グループ化項目は、レポートの元のグループ化条件

探索モジュール内のすべての操作(指標の追加やグループ項目の調整などは、元のレポートの指標設定

下の「計算」ボタンをクリックするとクエリが実行され、クエリの結果がクエリ履歴に記録され、タブページの「履歴」をクリックしてクエリ履歴を表示できます。

# 2.3 問い合わせ履歴

履歴タブには、レポートの最後の 20 回の探索クエリの履歴が記録されます。

クエリ履歴は長期保存されません。履歴の右側にある「コレクション」ボタンをクリックすると、価値のあるクエリ条件を長期保存できます。

# 2.4 コレクション照会

「コレクション」は長期保存の問い合わせ条件で、アカウントとバインドする。

コレクションを保存する方法は、「履歴」タブの下で、クエリ履歴の右側にあるコレクションボタンをクリックして保存

コレクションタブでは、コレクションのクエリ条件を表示したり、コレクション条件で操作したりできます。また、コレクションの名前を変更または削除することもできます。

# 2.5 可視化探索

バージョン 3.3 以降、SQL レポートの視覚化探索をサポートし、上部ボタンから視覚化構成ページにアクセスできます。構成操作の説明は視覚化モジュール

# III。ベストプラクティス

# 3.1 カンバンベースで特定のユーザーグループを分析

看板の様々な核心指標を探索し、特定のユーザーグループを探索のドリルとして選別することは、以前にモデルでしかできなかった選別に対して、操作がより便利で、論理的にユーザーグループの視点にフィットする。

  • ユーザーサブグループ/ラベルに基づいて特定のグループの重要な指標

# 3.2 分析次元の柔軟な切り替え

以前のかんばん作成プロセスでは、ソースチャネル、地域、デバイスモデルなどの次元に基づく複数の DAU レポートなど、複数の異なる次元で同じ指標のかんばんが作成されることがよくあります。この形式は大量の再現性のあるレポートを作成するだけでなく、ある程度副次的な次元の運用を阻害している。探索モジュールを使用すると、分析の次元を非常に柔軟に調整し、このような複数の同じ指標レポートへの依存を減らすことができると同時に、ユーザーに副次的な次元を利用する能力を与えた。

  • 柔軟にグループ属性を調整し、コアデータを多次元的に見る

# 3.3 SQL レポートの動的パラメーターの切り替え

保存された SQL レポートで動的パラメーターを使用している場合は、探索モジュールで動的パラメーターの値を調整できます。このような操作により、SQL クエリページにアクセスせずにクエリの条件を調整することができるとともに、SQL クエリ権限を持たないユーザーが、モジュールを探索する環境で SQL クエリのパラメータ調整を行うことができる。