目录
此内容是否有帮助?

# データカンバン

# 一、データ看板の意義

カンバンはレポートとラベルを含むグラフのコレクションで、TA はレポートまたはラベルを複数のデータカンバンに配置することをサポートしています。

分析指標をレポートとして保存し、カンバンに追加して日常的なデータの監視を容易にすることができます。

チャートに加えて、カンバンにメモを追加することもできます。

# II。データカンバンのページ概要

データカンバンは 3 つの部分で構成されている:カンバンカタログ、カンバン配置区、データ展示区

  • カンバンディレクトリ:カンバン/ブックフォルダを作成し、自作のカンバンやチームメンバーの共有カンバン
  • かんばん配置区:かんばん内容の追加、かんばん共有の設定、かんばん設定の調整、かんばん更新、かんばんレポートのグローバルフィルタの設定など
  • データ表示エリア:各かんばんグラフの情報を表示し、かんばんグラフのドラッグソート、カスタムサイズとグラフ表示タイプ

# 三、「私の看板」使用ガイド

# 3.1 かんばんの新設/編集(文庫本挟み)

# 3.1.1 新設

会社のスーパーバイザー、管理者、アナリスト、その他のカンバン作成権限を持つメンバーは、カンバンの左側のバーで右上の[+]をクリックして、「カンバンを作成」または「ブッククリップを作成」を選択できます。

# 3.1.2 名前の変更

自分で作成したかんばんまたはテキストフォルダにマウスを移動し、[.。。]を選択し、[名前を変更]を選択すると、カンバンまたはブッククリップの名前を変更できます。

注意:「グループ化されていない」フォルダと「共有されている」フォルダはシステムプリセットフォルダで、名前変更操作はサポートされていません。

# 3.1.3 削除

マウスで自作のかんばんや文庫本のクリップに移動し、[.。。]を選択し、[削除]を選択すると、カンバンまたはブッククリップを削除できます。

ブッククリップの下のカンバンはブッククリップと一緒に削除されません。フォルダを削除を選択した後、フォルダ内:

  • カスタムカンバンは未グループのフォルダに移動します
  • 共有カンバンは共有フォルダに移動します

# 3.1.4 カンバン移動ソート

カンバンを直接ドラッグして並べ替えるか、カンバンの右側にある[.。。][移動]を選択します。[移動]を選択します。

# 3.2 かんばん内容の管理

かんばんの右上にあるボタンをクリックし、[かんばんの内容を管理]をクリックします。

# 3.2.1 グラフの追加

  • 右側の「グラフの追加」領域は 2 つのタブに分けられ、ナビゲーションバーの分類は一致している。
    • 行動分析には、イベント分析、留保分析、漏斗分析、分布分析、間隔分析、SQL クエリで作成されたレポート
    • ユーザー分析には、属性分析によって作成されたレポートとユーザーラベル
  • マウスを右に移動し、行末の[+]をクリックすると、レポートが現在のカンバン

現在追加されていないレポートは、次の 2 つの方法で作成できます

  • 解析モデルで新しいレポートを作成

  • アナリスト以上の役割は、他の人が共有しているカンバンレポートを表示するときに、レポート名をクリックしてモデルページに入り、現在のレポートを自分のレポート

# 3.2.2 付箋の追加

左側の「レイアウトを調整」領域の左下隅で、「付箋を追加」ボタンをクリックしてダイアログをポップアップし、ダイアログ内でタイトルと内容

  • タイトル:必須、最大 200 ワード
  • 内容:必須ではなく、最大 800 語

# 3.2.3 チャート調整

左側の「レイアウトの調整」領域で、レポートのサムネイルにカーソルを合わせ、構造の右側部分をクリックすると操作メニューが展開され、グラフのサイズを調整し、グラフを削除できますまた、ここでドラッグしてグラフの位置を調整できます。

# 3.3 かんばん共有と連携

TA は、自己構築カンバンをチーム内の他のメンバーに共有し、他のメンバーをカンバン協力者として追加し、共同でカンバン編集を行い、チームメンバーの協力を実現する。

# 3.3.1 かんばん共有の設定

カンバンの右上にある[共有]ボタンをクリックし、カンバン共有設定に進みます。

カンバンはデフォルトで自分だけに表示されます。[メンバーの指定]をクリックしてカンバンを追加する共有オブジェクトを選択します。

  • すべてのメンバー:プロジェクト内のすべてのメンバーが表示されます
  • メンバーグループ:メンバーグループ内のメンバーが表示されます(メンバーグループはプロジェクト管理-メンバー管理で設定できます)
  • メンバー:このメンバーを指定します

# 3.3.2 かんばん連携の設定

追加された共有オブジェクトはデフォルトではカンバン表示権限しか持っておらず、カンバンの内容や展示を修正することはできない。選択したメンバーまたはメンバーグループの[閲覧者]をクリックすると、共有オブジェクトの権限が[共同作成者]に切り替わります。

かんばん協力者のかんばん操作権限には、次のものが含まれます(以下の権限は、協力者がアナリスト以上の役割である場合に有効です)

  • カンバンチャートの追加または削除(追加されたレポートのリストにマウスを移動すると、詳細情報でレポート作成者情報が表示されます)
  • 追加または削除、置換カンバンデフォルトフィルタ(グローバルデフォルト)
  • カンバンチャートのサイズと表示の変更(チャートのサイズと表示タイプの変更)
  • かんばん設定の変更(更新方法、近似計算、タイムゾーン設定を含む)
  • カンバンの共有状態を表示

# 3.4 コピーカンバン

かんばんの使用中、あるかんばんに基づいてさらに分析調整をしたい場合は、コピーかんばん機能を使用することができる。デフォルトの TA オーバーチューブ、管理者、アナリストは、カンバンをコピーする操作権限を持っています。

カンバンの右側にある[.。。]を選択し、カンバンの名前を変更し、コピーしたフォルダを指定した後、「了解」をクリックするとカンバンのコピー操作が完了します。

  • カンバンをコピーすると、カンバン内のすべてのグラフ
  • 複制かんばんは、元のかんばんのかんばん設定(更新方式、近似計算、時間帯設定)
  • コピーカンバンの共有状態はデフォルトで「自分だけ見える」

# 3.5 カンバン設置

# 3.5.1 アップデート方式

カンバンはデフォルトでリアルタイムに更新されます。つまり、計算が更新されるたびにカンバンが更新されます。

タイミング更新をオンにすると、システムは毎日のタイミングで計算結果を更新し、その結果を次回見るためにキャッシュします。看板にロードグラフが多い場合や計算量が多い場合は、タイミング更新を開いて、展示効率を高めることをお勧めします。

# 3.5.2 近似計算

カンバンはデフォルトで正確な計算です。つまり、計算のたびに条件に従って正確な値が計算されます。

クエリの効率が必要な場合は、[近似計算]オプションを選択できます。オンにすると、トリガーユーザー数、一人当たりの回数、人平均、除重数などのデータに近似アルゴリズムが採用される。パフォーマンスオーバーヘッドを大幅に削減し、計算時間を短縮できます。

# 3.5.3 タイムゾーン設定

マルチタイムゾーンのプロジェクトを開きます。プロジェクト内のメンバーは、構成されたタイムゾーンのリストから個人のタイムゾーンを選択し、デフォルトでは個人のタイムゾーンの計算に従ってカンバンデータを表示できます。プロジェクト内のメンバーが同じタイムゾーンを使用してデータを表示することを希望するカンバンの場合、カンバンに固定タイムゾーンを指定できます。

# 3.6 グローバルスクリーニング

注意:かんばんのすべてのグローバルフィルター機能は、かんばん上のラベルは適用されません

# 3.6.1 選別条件の選択要求、作用範囲

1.フィルタリングできる条件は、[カンバンに含まれるすべてのレポート]のパブリックイベント属性またはすべてのユーザー属性またはユーザーグループ(条件グループ+結果グループ)

モデル
イベントは、
イベント分析
すべての分析対象のイベント
リテンション分析
初期イベント+訪問イベント(同時表示なし)
漏斗分析
ファンネルフルステップイベント
プロパティ分析
イベントなし(パブリックイベントのスクリーニングには参加しません)
分布分析
オブジェクトのイベントを分析します

2.最大 30 項目の条件

3.計算すると、カンバン内の各カンバンレポートがフィルター条件と時間枠

# 3.6.2 解析時間の変更

# 時間枠 3.6.2.1 開いて保存します

任意の状態で、時間枠を切り替えることができ、データの粒度は日です。

初期オプションは静的時間の「過去 30 日間」

アプリケーションを選択した後、次の順序で実行します。

  1. グローバルタイムフレームの表示内容を切り替えます
  2. 現在のフィルター条件が有効かどうかを確認します
  • 無効時に「選別条件が間違っている」状態
  • 有効な時代は条件に入り、計算状態に入る
  1. 計算が完了したら、時間をグローバルタイムボックスと同じに切り替えて、各レポートの結果
  2. 計算が完了すると、フィルタ条件は計算完了状態になる。
# 3.6.2.2 グローバルタイムボックスのキャンセル

時間枠領域に移動すると、キャンセルオプションが表示され、時間枠をキャンセルした後、時間枠の設定を放棄

  1. グローバルタイムフレームの表示内容を空に変更
  2. 現在のフィルター条件が有効かどうかを確認します
  • 無効時に「選別条件が間違っている」状態
  • 有効な時代は条件に入り、計算状態に入る
  1. このとき算出された時刻情報を各レポートの元時刻とし、終了後に各レポート時刻を元時刻に切り返して結果を
  2. 計算が完了したら、フィルタ条件を計算完了状態にする。

# 3.6.3 選別条件や時間枠を修正する場面

  1. 全体的な時間枠を調整すると、ページ上の各カンバンレポートの時間枠が一時的に調整され、結果
  2. 選別条件が調整された場合(つまり、条件を変更して確定した後)、再計算
  3. あるカンバンレポートの内容を修正し、そのレポートだけを再計算し、全体的な選別条件に影響
  4. カンバンレポートが追加または削除された場合は、ページ上で変更された条件で全体的に計算
  5. カンバンを登録または切り替えると、フィルター条件、時間枠が空になり、保存する場合は[コレクション]または[カンバンデフォルト]
  6. カンバンを更新する場合、条件、時間枠をフィルタリングするオプションは空になりません。

# 3.6.4 選別条件コレクション

長期保存が必要な選別条件は、個人コレクションリストに追加し、アカウントにバインド

[コレクション]タブでは、コレクションのクエリ条件を表示したり、コレクション条件で操作したりできます。また、コレクションをデフォルトに設定したり、名前を変更したり、削除したりできます。デフォルトにすると、この条件は上部に表示され、デフォルトをキャンセルしてコレクションリストに戻ります。

コレクションリストの操作権限は次のとおりです

グローバルデフォルト条件の設定/解除
設定/解除
コレクションを削除(個人)
名前を変更(個人)
実行する
作成者&協力者





一般共有メンバー
-




# 3.6.5 カンバンデフォルト条件の設定

看板展示に固定する必要がある条件は、デフォルト条件に設定でき、看板に入ったときにデフォルトで有効になる。

次の 2 種類が含まれます。

  • グローバルデフォルト条件

かんばんのすべての共有メンバーに有効で、かんばんの作成者と協力者だけが設定できる

  • 個人のデフォルト条件

設定者個人にのみ有効で、カンバンにグローバルデフォルト条件が同時に存在する場合、グローバル条件表示

カンバンデフォルト条件の設定とキャンセルには 2 つの方法があります

1)カンバン上部のフィルター条件表示エリアに移動し、デフォルト/キャンセル

2)お気に入りリストで設定/キャンセル

コレクションのみが許可されている条件はデフォルトに設定され、デフォルトが解除された後も、その条件は作成者の個人コレクションに

# 3.7 一括ダウンロード

カンバン内のすべてのグラフデータを一括ダウンロードし、各グラフは csv 文書に対応し、ダウンロードプロセスはタスクリストで見ることが

ダウンロードデータの内容は、チャート設定とかんばんグローバルフィルタリングによって決定され、かんばんの一時的な操作の影響を

# 四、「プロジェクト空間」の使用ガイド

# 4.1 プロジェクトスペースの使用シーン

「マイかんばん」の下にかんばん共有を設定すると、そのかんばんは共有者「マイかんばん」→「共有してくれた」のテキストに挟まれて表示されます。システムの使用が深くなるにつれて、プロジェクト内のかんばん数が増えていると同時に、かんばん作成者にかんばん共有、かんばんの共有状態管理、被共有者の共有かんばんの分類整理、チームメンバー間のかんばん協力を設定することは困難である。プロジェクト空間機能を利用して、看板の一括共有、多くの作成者が看板を共有して統一的に分類整理する。チームのカンバンビューの統一化と構造化を達成し、チームメンバー間のコミュニケーション協力をより効率的で便利にする。

# 4.2 スペースの作成/編集

# 4.2.1 スペースの作成

  1. 右上の[+]をクリックし、[スペースの作成]を選択します。デフォルトの TA オーバーチューブ、管理者はスペースを作成できます。

  1. [スペースの作成]ボックスで[スペースメンバー]を選択し、スペースメンバーの権限を設定します。スペース内のカンバンは、スペースメンバーにはデフォルトで表示されます。
  • スペース権限は[表示のみ]のメンバーで、スペースカンバンのみを表示でき、スペース編集権限
  • スペース権限は[編集可能]のメンバーで、スペース内にカンバンやブッククリップを新規作成し、スペースの内容をドラッグしてソート操作

注意:スペース[編集可能]とは、スペース内にかんばんやテキストクリップを追加することで、スペース下の他のメンバーが作成したかんばんに編集権限

作成に成功すると、[マイカンバンディレクトリ]の下にプロジェクトスペースディレクトリが追加されます。

# 4.2.2 編集スペース

スペース名をマウスで移動し、右側の[メンバー]ボタンをクリックして、スペース設定の表示/編集を開きます

  • スペース管理者は、スペースメンバーリストの変更、スペースの引き渡し、スペースの削除

  • スペースメンバーは、スペースメンバーのリスト

# 4.2.3 スペースの移管または削除

空間管理者は空間を移管または削除する操作を行い、空間設定ボックスを開き、爆弾ボックスの左下隅[より多くの操作]をクリックして、空間を移管または削除することができます。

  1. 移管スペース:プロジェクトメンバーを新しい管理者として選択し、移管後、元の管理者がスペースメンバーになります。移管対象はアナリスト以上の役割
  2. スペースの削除:スペースを削除しても、かんばんは直接削除されません。削除すると、スペースの下のかんばんは、かんばん作成者の「マイかんばん」→「未グループ」フォルダ

# 4.3 スペース看板や文庫本クリップの新設

次の 2 つの方法でカンバンをスペースに配置して共有できます。

# 4.3.1 かんばんや文書を直接新規にスペースに挟む

カンバンの左側のバーの右上隅にある[+]をクリックして、[新規カンバン]または[新規カンバン]を選択します。

# 4.3.2 スペースへの自己構築カンバンの移動

「マイカンバン」の下にある自作のカンバンをマウスで移動し、[.。。]を選択し、[移動]を選択して、編集権限のあるスペースにカンバンを移動します。

注:かんばんの移動はかんばんの共有設定を変更しません(つまり、かんばんの右上隅の[かんばん共有設定]の共有状態はかんばんの移動によって変化しません)

# 4.4 スペースカンバン設定の共有指定

スペース内のかんばんはデフォルトでスペースメンバーに表示できます。使用中に、スペース内のかんばんにかんばん協力者を追加したり、スペース外の他のメンバーに共有したりしたい場合は、かんばん右上の[共有]ボタンをクリックして、かんばん共有を指定します。

ボードをスペース外の他のメンバーと共有する場合、ボードはそのメンバーの「マイボード」→「共有してくれた」テキストに表示されます。

# V.カンバン管理

# 5.1 カスタムカンバンの一括移動または削除

カンバンページの右上隅にある[カンバン管理]をクリックして、カンバン管理ポップアップを開きます。

  • カスタムカンバンの一括管理のみをサポート
  • 自分で作ったかんばんを一括で「マイかんばん」(「共有してくれた」フォルダを除く)または権限のあるプロジェクトスペースに移動できます。

# 5.2 TA オーバーチューブ表示項目内の全看板

TA オーバーチューブは、このモジュールを介して項目内のすべてのかんばんを表示することができます。かんばん情報には、かんばん名、かんばん作成者、かんばんの共有状態と最後の修正時間が含まれます。かんばん名をクリックすると、かんばんの詳細を表示できます。

# 6.カンバンチャート

# 6.1 カンバンチャートの構成

かんばんコアゾーンは複数のかんばんグラフ(レポートまたはラベル)で構成され、かんばんにおけるグラフの表現形式はモデルと完全に一致し

任意のかんばんグラフは構成区とグラフの内容で構成され、グラフのタイプ(ソースが異なる)によって構成区がサポートするオプションにも違い

# 6.2 異なる役割によるカンバンチャートの操作権限

作成者
協力者
アナリスト以上のユーザー
一般メンバー
1グラフ名をクリックしてグラフページ
レポートを更新するには、レポートページをクリックします
クリックするとレポートページに移動し、レポートを保存できます
クリックするとレポートページに移動し、レポートを保存できます
クリック不可
2一時的な調整分析期間とグラフ表示
設定可能
設定可能
設定可能
設定可能
3チャート設定の変更
設定可能
設定可能
設定不可
設定不可
4データエクスポート
エクスポート可能
エクスポート可能
エクスポート可能
エクスポート可能
  • 協力者の役割が[一般メンバー]の場合、一般メンバーにモデルを使用する権限がないため、レポート名をクリックしてレポートページに入り、グラフの表示設定を変更することもできません。

# 6.3 レポートに入る探索モジュール

レポートの右上隅にある[モジュールの探索]ボタンをクリックすると、レポートをさらにドリルダウンして探索することができます。探索モジュールの使用は探索探索モジュールセクションを参照

注意:カンバンのラベルは探索モジュールに入る

# 七、カンバンインポートエクスポート

TA は、かんばん、かんばんチャート、およびスペースの構成情報を JSON テキストにエクスポートし、任意のプロジェクトへのインポートをサポートし、スペース、かんばん、チャートの迅速な移行を実現します。

注意:この機能は、インポートされたかんばんパラメータの配置に従って新しいかんばんを生成し、インポートされたプロジェクトのイベント(属性)とエクスポートされたプロジェクトのイベント(属性)が一致した場合、かんばんは正常に使用できます。

# 7.1 かんばんインポートエクスポート操作フロー

かんばんをエクスポートする必要がある項目で、かんばんの左側の欄の右上隅[+]をクリックし、「かんばんをエクスポート」を選択し、かんばんのリスト欄でエクスポートするかんばんを選択し、[エクスポート]をクリックしてかんばん配置文を生成します。

かんばんをインポートする必要がある項目に入り、かんばんの左側の欄の右上[+]をクリックし、「かんばんをインポート」を選択して、フローティングウィンドウに一歩一歩生成したかんばん配置テキストをアップロード

インポートに成功すると、プロジェクト内でかんばんの内容を確認できます。

# 7.2 カンバンインポートエクスポートルール

1.かんばん配置文書は空間、かんばん、かんばん文書クリップ、かんばんグラフ情報

2.インポートかんばんの作成者はインポート操作者ですインポートかんばんがスペースを生成した場合、そのスペースの作成者はインポート操作者

3.インポートされたカンバンの共有ステータスは、デフォルトでは「自分のみ表示」

4.「「私のかんばん」のかんばんインポートルールは

  • 元のプロジェクト"未グループ"ブッククリップ、"私に共有する"ブッククリップ下のカンバンを新しいプロジェクトにインポートする"未グループ"ブッククリップ下

  • 元の項目は現在の項目の同名の文書に挟まれたかんばんと統合されている

  • 他のブッククリップの下のかんばんは新しいブッククリップを導入

    5.「プロジェクトスペース」のカンバンインポートルールは次のとおりです

  • 操作者に新しいスペース権限がない場合、「マイカンバン」の下に「スペース+スペース名」という名前のブッククリップを作成し、そのスペースの下のカンバンをインポート

  • オペレータが新しいスペース権限を持っている場合、インポート時に[すべてマイカンバンにインポート]または[該当するスペースに作成してインポート]を選択できます。[すべてマイカンバンにインポート]を選択した場合は、上記のルールに従って処理します[該当するスペースに作成してインポート]を選択した場合、スペースメンバーのいないスペースを新規に作成し、その新規スペースにスペースカンバンをインポートします。

# VIII。ベストプラクティス

# 8.1 かんばんと空間によるデータ共有

カンバンとスペースで、自分で作成したレポートを他のユーザーに簡単に共有できます。

カンバンはデータ共有の基本ユニットで、共有する必要のあるレポートをカンバンに入れ、カンバンを共有したり、他人を共有するスペースに入れたりすると、レポートデータの共有が実現できる。同時に、カンバンは協力者の追加もサポートしており、協力者は自分のレポートをこのカンバンに入れて、複数の人がカンバンレポートを共同で維持できる。

スペースは多くの人が協力するエリアで、スペースの作成者と管理者は自分の看板をスペースに追加することができ、すべてのスペースの下のメンバーが見たスペースの内容は一致しており、看板の位置、看板のテキストクリップの位置、看板のテキストクリップの階層構造を含む。空間の内容はすべてのメンバーに安定しているため、チームの標準データ領域として、チーム全体が共通に注目しているデータを保管するのに適している。

# 8.2 カンバンスクリーニングを用いた特定集団の分析

かんばん選別はかんばん内のすべてのレポートを選別し、特定の人たちを分析するのに適している。分析の前に、活動度レポート、有料レポート、製品のコア行動の参加状況レポートなど、異なるユーザー次元を分析するためのレポートをカンバンに複数入れることができる。その後、ユーザーグループやユーザーラベルを選別することで、カンバンの中のこれらのレポートを選別することができ、選別条件で選ばれたグループのレポートデータを見ることに相当し、特定のグループの各分析次元を迅速に分析する。

# 8.3 補助情報の提供による地域分割

コアカンバンには多くのレポートやラベルが含まれ、観察指標によって新たな関連、活発な関連、有料関連などの異なる内容に分けられる。付箋でカンバンをいくつかの地域に区別し、地域ごとにメモ情報を書くことができ、カンバン共有時に新しい参加者がカンバンのビジネス意味を素早く理解するのに便利です。