目录
此内容是否有帮助?

# プロパティ分析

# 一、属性分析の意義

属性分析はユーザー属性の統計と分布状況を分析するモデルである。モデルはユーザー属性によって分類され、異なるグループ値のユーザーの統計数と分布状況を同時に見ることができる。例えば、ユーザーの各省での分布状況、ユーザーの年齢分布状況などを見る。ユーザーグループ全体のユーザー画像を迅速に描くことができる。多角的、全方位的に指定されたユーザーグループの特徴を把握し、マクロ的にユーザー全体の構成と好みを把握し、微細化運営に根拠を提供する。

# 二、属性分析の位置と適用役割

「ユーザー分析」モジュールの下の「属性分析」ページからアクセスできます

会社ハイパーチューブ
管理者
アナリスト
一般メンバー
属性分析モデル




権限の説明:

● キャラクター必須

▲ キャラクターはデフォルトであり、なくてもよい

△ キャラクターはデフォルトではなく、あります

○ 役は必ずなし

# 三、属性分析のページ概要

「分析角度設定区」、「展示選別区」、「展示グラフ区」、「表詳細区」の 4 つの部分から構成さ

# 四、属性分析の使用シーン

# 4.1 よく使われるいくつかの分析シナリオ

# 4.2 分析属性の条件

分析できる内容はユーザー数、ユーザー属性、またはユーザーラベルの分析角度

データの種類によって分析可能な角度が異なる

分析オブジェクト
データ型
分析の角度
ユーザー数
ユーザ属性/タグ
数値
合計、平均、人平均、中央値、最大値、最小値、除重数
ユーザ属性/タグ
ブール
は真数、は偽数、は空数、は空数、は空数、は重数
ユーザ属性/タグ
テキスト
数えて
ユーザ属性/タグ
時間
数えて
ユーザ属性/タグ
リスト
リスト除数、集合除数、要素除数
ユーザ属性/タグ
オブジェクト
重数に行く、空数にする、空数にしない
ユーザ属性/タグ
オブジェクトグループ
重数に行く、空数にする、空数にしない

注意:分析属性をユーザー数として選択した場合、表領域でクリックしてユーザーリストに入るか、結果グループとして保存

# 4.3 グループ項目の設定

4 つのステータスタイプが含まれます:

  1. デフォルトはグループ化されておらず、この時点ではグループを区別せずにユーザー全体の状況を直接分析
  2. 群衆の比較に切り替えて、その時点で異なるユーザーグループを比較し、最大 10 グループを追加
  3. ある 1 項目を選択して分析し、「ユーザー属性」、「ユーザーグループ」または「ユーザーラベル」
  4. ある 2 つの項目を選択して分析し、「ユーザー属性」、「ユーザーグループ」または「ユーザーラベル」を選択でき、この時点でグラフの横座標を切り替えること

# 4.4 選別条件の論理条件

データ層はユーザー属性、ユーザーラベル、またはユーザーサブグループを選択でき、データ型によって異なる属性ロジックが

フィルタ項目のデータ型

サポート可能なプロパティロジック
数値
消費金額
等しい、等しくない、小さい、小さい、等しい、大きい、大きい、等しい、値がある、値がない、区間
テキスト

等しい、等しくない、含む、含まない、値がある、値がない、正則マッチング
リスト
IDリスト
要素が存在する、要素が存在しない、要素の位置、値がある、値がない
時間
登録時間、最終アクティブ日(yyyy-MM-dd HH: mm: ss.SSSまたはyyyy-MM-dd HH: mm: ss)
区間に位置し、等しい未満、等しい以上、現在の日付に対して、値があり、値がない
ブール
Wifiの使用
真、偽、価値がある、価値がない
オブジェクト
プレイヤーリソースのスナップショット
値がある、値がない
オブジェクトグループ
出陣陣
存在対象充足、無対象充足、全対象充足、有値、無値

ユーザサブグループは「サブグループに属する」か「サブグループに属さない」

# 4.5 群集比較の条件

比較するとき、比較するのはそれぞれ選別条件を使用する複数のグループである。

# V.ベストプラクティス

# 5.1 ユーザーの現在の状態

属性分析は主にユーザーの属性、グループ、ラベルを分析し、これらは現在の状態を記録しているので、ユーザーの現在の状態を取得したい場合は、属性分析を使って計算することができる。

# 5.2 複数のユーザーグループの並集合

属性分析は、複数のユーザーグループの並集合または交差を計算するために使用でき、選別条件によって複数のサブグループを選択し、選別の並列関係が「かつ」であればユーザーグループ交差、「または」であればユーザーグループ集合で、計算結果にサブグループを作成すると得られ、交差する。