目录
此内容是否有帮助?

# アドレス管理を報告する

TIP

このセクションでは、「システム管理」ページでグローバル報告アドレスを管理する機能を紹介します。プロジェクトに対応する報告アドレスはプロジェクト管理の「アクセス構成」で見ることができます。

# 一、住所管理の意義を報告する

データ報告アドレスは、TA プロジェクトにデータを報告するために必要なパラメーターです。TA で報告されたアドレスを管理することは、データアクセス担当者がデータアクセスに必要なパラメーターを簡単に取得するのに役立ちます。同時に、報告アドレスの監視機能も提供し、報告アドレスの異常によるデータ損失問題を回避した。

TA のデータ報告アドレスには 2 つのタイプがあります。

  • パブリックネットワークアドレス:クライアントデータの報告、およびパブリックネットワーク環境でのサービス側データアクセス
  • プライベートネットワークアドレス:イントラネット環境でのデータアクセスとテスト

アドレスにはプロトコルとホスト名が必要です。

  • パブリックネットワークアドレス:https://receiver.ta.thinkingdata.cn
  • プライベートネットワークアドレス:http://10.12.35.24

WARNING

インターネットアドレスの SSL 証明書をバインドし、https アドレスを使用してデータのセキュリティと安定性を保証することを強くお勧めします。

# II。報告アドレスの管理

[システム構成]ページの[報告アドレス]サブページに移動し、現在のクラスターの報告アドレス構成を確認します

# 2.1 グローバルアドレス

通常、クラスター内のすべてのアイテムに同じ報告アドレスを使用できます。グローバルアドレスを設定して、アイテムのデフォルトの報告アドレスを構成できます。

グローバルアドレスはすべてのプロジェクトに表示され、プロジェクトにカスタムアドレスが設定されていない場合は、「プロジェクト管理」の「アクセス設定」ページにグローバルアドレスが表示され、関係者の閲覧が容易になります。

# 2.2 プロジェクトのカスタムアドレス

TA プロジェクトは、管理を容易にするためにカスタム報告アドレスを持つことができます。プロジェクトのカスタムアドレスは、プロジェクト管理者がプロジェクト管理ページまたはシステム管理ページで編集できます。

プロジェクトのカスタムアドレスは、グローバルアドレスよりも優先度が高いです。プロジェクトにカスタムアドレスがある場合、プロジェクト管理ページにプロジェクトカスタムアドレスが表示されます。

# 三、住所監視を報告する

報告アドレスごとに自動検出をオンにして、報告アドレスの状態を監視できます。

WARNING

TA クラスターノードへの外部ネットワークアクセスを制限している場合、報告されたアドレスの状態を正確に検出できない場合は、メッセンジャーに連絡して設定

報告先ページで、「状態」ボタンをクリックすると、対応する報告先検出タスクが表示されます。検出タスクの実行方法と実行ノードをアドレスごとに個別に構成できる。

タイミング検出と通知をオンにした後、SSL 証明書が期限切れになるか期限切れになった場合、システム警告で関係者に通知します。アラートプッシュページでアラート情報の受信者を管理できます。