目录
此内容是否有帮助?

# 高度な分析

TIP

このセクションでは、TA プラットフォームをよりよく理解するための高度な分析について簡単に説明します。セクションに興味がある場合は、「取扱説明書」をクリックしてください。この章を見る前に、行動分析ユーザー分析

  • 分析本体は TA の特徴的な機能で、イベント属性やユーザー属性をソースとして分析本体を作成することができます。例えば、アカウント ID、ギルド ID、デバイス ID などです分析本体を作成した後、残留分析、漏斗分析などのモデルで使用することも、その分析本体に基づいてラベルを作成することもできます。
  • タイムゾーン管理は、システム内の表示タイムゾーンを管理し、統一された口径表示データに従って、すべての地域サーバーがデータを報告するイベント時間を東八区に対応する時間に変換して、プロジェクトの下に口径の違いがないことを保証します。
  • ラベル履歴バージョンは、ラベルが対応する日付に計算した結果データをバックアップします。ラベルが自動的に更新されたときに「自動バックアップ」を選択するか、履歴バージョン管理ページで「手動バックアップ」を選択できます。ラベル履歴バージョンにより、イベント発生時のユーザー状態を復元し、分析結論をより正確にすることができる。